株取引がしてみたい

株はどのような仕組みでお金を稼ぐことができるのかを説明

株でもうけるには?
儲け方にはTopページで紹介したように3種類あります

1.キャピタルゲイン
2.インカムゲイン
3.株主優待

■キャピタルゲインとは
株価の差を利用して利益を得る、簡単に言えば安く買って高く売ることにより儲けるということです。

株に関する知識

>>株価ってどうやって決まるの?

現在の株価が100円の銘柄があると仮定します。
このとき、100円という株価が成り立っているという事は、最も高く売りたいと考えている人が100〜101円で売ろうとしている状態、もしくは最も安く買おうとしている人が99〜100円で買おうとしている状態を指します。
もし、この株を100円で買いたいという人と、100円で売りたいという人がいれば、その株は100円で売買され、株価は100円のままになります。
100円で買いたいという人がいなくて、一番高く見積もっている人が99円で買いたい、という場合は、売る側がいくら高く売りたくても、100円以上では売れなくなります。
売る側が妥協して99円で売買を成立させた時、その株は99円に下がることになります。
逆に、売る側が100円では売らない、101円だ、という場合、買う側がいくら100円で買おうとしても買えなくなります。
仕方なく101円で買った場合、101円が株価となります。

ここで、100円でその株を1万株買って、101円でその株を売ったとしましょう。
101円で買いたいという人が合計1万株分いれば、取引は成立します。

1円×1万株=1万円から手数料や税金を引いたお金が、差益となります。

■インカムゲインとは
配当という言葉は聞いたこととがある人が多いと思います。
株式会社が、株主に利益を分配して還元するシステムをいいます。もちろん、会社が利益を上げることができなければ配当はないこともあります。

配当は、決算月(3月と9月が多い)の末日、会社によってはその月の20日時点に、株主名簿に掲載されている株主に対して割り当てられます。

いくらもらえるのか?

配当金額(円)=1株あたりの配当金×保有株式数

また、配当利回りという言葉もあるので覚えておきましょう

各会社の配当利回り(%)=(1株辺りの配当金/現在の株価)×100

この配当利回りが3%前後であればかなり高利回りといえます。
銀行の普通金利がどんなにがんばっても1%に届かないことを考えれば当たり前ですよね。

■株主優待とは
株主優待はインカムゲインの一部として考えられることもあります。

株主であれば、その会社のサービスの恩恵を受けるメリットがあります。
たとえば、人気のANAの株主優待にはこんなものもあります。

http://www.ana.co.jp/ir/kabu_info/yutai/dms.html#hakou

これは1000株以上もっている株主に飛行機の運賃が50%割引で乗れるというメリットがあります。

また、このチケットは金券ショップで高額で取引されており、これを売ることにより利回りを得るという形にもなります。

以下でお気に入りの株主優待情報を調べてみるのもいいかもしれません。
http://biz.yahoo.co.jp/stockholder/

Information

[PR] 友達を紹介すればするほどポイントの還元率UP
[PR] おすすめのバイナリーオプションはこちら!
[PR] FX初心者必見のブログ「FX投資家・メイの逆張り相場ブログ」
[PR] 電力の自由化って?そんな疑問にエネチョイスが回答!
ページトップへ