株取引がしてみたい

「売り注文、ろうそく足」などの株用語の解説

●青天井
ずっと上昇し続けるかのように見える強気相場事。

●上げ足
価格が上昇する際の様子。小さな悪材料に影響を受けなく、上がり続ける様子。

●嫌気
相場が自分の思うように上がらないこと、又は下がらないことで、自分の抱えている売買玉に悲観的になること。

●売り方
将来の価格の下落を見込んで、売り注文を出す市場参加者。

●買い方
将来の価格の上昇を見込んで、買い注文を出す市場参加者。

用語集

●オプション
一定期日までに決められた価格で売買する権利。

●インデックス
市場全体の動きを示す指標や指数のこと。日経平均やTOPIXなど。

●パッシブ運用
経平均やTOPIXなどの株価指数に連動するような運用手法。

●ローソク足
一定期間の値動きをローソクの形で示した株価チャート。

●空売り
株券を借りて売って行なう取引。

●IPO
「Inital Public Offering」の略。未上場企業が、新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得させる。IPOをした会社は「公開会社」となり、直接金融で広く資金調達することが可能となる。また上場することで知名度が上がり、社会的な信用を高めることが可能。

●時価総額
現在の株価を基準にして、この会社の全ての株式を買い取るのにいくら必要かという金額。「発行されている全ての株式数×株価」

●ストックオプション
会社の役員や社員が、一定期間内に、あらかじめ決められた価格で、所属する会社から自社株式を購入できる権利。業績に貢献した役員らのボーナスとして利用する企業が多い。

Information

ページトップへ