株取引がしてみたい
株に関する知識

株に関する知識をざっくりと解説

株とは、会社が資金を集めるために発行する証券をいいます。

会社を経営・運営していくためにはまず第一に資金が必要となります。
その資金を集めるにはどんな方法があるのでしょうか?

@銀行から借り入れする
A株を発行して資金を調達する

@の場合はこの場合、担保が必要になり、また返済の期限もあります。

Aの場合ですがたくさんの人にちょっとずつお金を出してもらう事で多額のお金を集める手法が考え出されたのです。会社の為にお金を払った証拠として貰う証券が株券です。
会社にとってこの調達したお金は、返す必要がありません。
しかし、いくら少なくても、ただでお金をだして貰えません。

株を持っている人は、会社から儲かった利益の中からいくらかの報酬が貰えたり(配当金・インカムゲイン)、商品が貰えたり、商品を安く買える(株主優待)といったメリットがあります。

また、上記、配当金、株主優待とは別にキャピタルゲインという魅力もあります。
これは、株の売買による差益のことです。
よく、「株で儲かった」という話が出てきますがその多くがキャピタルゲインによる利益です。損を出すことをキャピタルロスとも言います。

世の中の投資家はこのキャピタルゲインを狙って短期間の売買を繰り返します。
現在、株の取引の大半はキャピタルゲインを狙った取引が占めるようになっています。
また、現在では、インサイダー取引による多くの不正取引も存在していると考えられており、この問題の対策は今後重要になっていくと考えられます。

※インサイダー取引とは
会社の内部者情報を知り得る立場にある会社役員などが、その特別な立場を利用して会社の重要な内部情報を知り、その情報が公になる前にこの会社の株式等を売買することを指します。このような不正な取引が行われると、一般の投資家との不公平が生じ、証券市場の公正性・健全性が損なわれる恐れがあり、金融商品取引法において規制されております。

株取引のイロハ

2012年07月06日
株ってどうなの?

Information

[PR] バイナリーオプションからFXまでとレイダーーズ証券で
[PR] おすすめのバイナリーオプションはこちら!
[PR] 安心のペット火葬なら水鈴舎にお任せ下さい。
ページトップへ